×
メニュー 閉じる メニュー

米夜行列車は“遅延常習犯”、乗り継ぎ5時間半でも冷や汗 「鉄道なにコレ!?」(第26回)

2021.11.15 10:30 47NEWS 共同通信ワシントン支局次長 大塚 圭一郎(おおつか・けいいちろう)
「キャピトルリミテッド」でシカゴ到着前の車窓から見えた旧ペンシルベニア鉄道の古い客車とビル群=7月30日、イリノイ州(筆者撮影)

「キャピトルリミテッド」でシカゴ到着前の車窓から見えた旧ペンシルベニア鉄道の古い客車とビル群=7月30日、イリノイ州(筆者撮影)

 新型コロナウイルスワクチンを接種後、夏の休暇を利用し、米国の首都ワシントンから西海岸ワシントン州シアトルまで全米鉄道旅客公社(アムトラック)で横断した旅では、中西部シカゴで二つの夜行列車を乗り継ぐ。 ...

関連記事 一覧へ