×
メニュー 閉じる メニュー

「眞子」という名前がはらむ確執 私事こそ公事という逆転が引き起こした逆風

2021.10.27 6:30 47NEWS 47NEWS編集部、共同通信編集委員 佐々木央
30年前の1991年11月1日、母に抱かれ父に見守られて宮内庁病院を退院した

30年前の1991年11月1日、母に抱かれ父に見守られて宮内庁病院を退院した

 この夏、木香茨(モッコウバラ)をよく見かけた。黄色のかれんな花々が、民家の軒先に咲きこぼれていたり、庭にアーチをつくっていたりした。  木香茨はこのたび結婚した女性と深い関わりがある花だ。目につい ...

関連記事 一覧へ