メニュー 閉じる メニュー

150キロ先の患者をロボット操作で手術する 弘前大が実験、医師不足に悩むへき地が寄せる期待

2021.4.5 10:30 47NEWS
150キロ離れたむつ総合病院のロボットアームを遠隔操作する弘前大の実験の様子=2月(弘前大提供)

150キロ離れたむつ総合病院のロボットアームを遠隔操作する弘前大の実験の様子=2月(弘前大提供)

 弘前大(青森県弘前市)はこのほど、商用の高速通信回線を使って、150キロ離れたむつ総合病院(同県むつ市)の手術ロボットを操作する実験を行った。高齢化や医療の高度化によって手術の需要が高まる一方、担 ...

関連記事 一覧へ