メニュー 閉じる メニュー

いじめ自殺の真相究明阻む「私立校の壁」 「常軌逸した」長崎・海星高を一時、県が追認した理由

2020.12.4 7:00 47NEWS 共同通信記者 石川 陽一
第三者委員会の報告書の写し(画像の一部をモザイク加工しています)

第三者委員会の報告書の写し(画像の一部をモザイク加工しています)

 2017年4月に長崎市の私立海星高2年の男子生徒=当時(16)=が自殺した問題は、第三者委員会の「いじめが自死の主たる要因」という認定を学校側が拒絶したまま、2年が過ぎた。教頭だった武川真一郎(た ...

関連記事 一覧へ