メニュー 閉じる メニュー

コロナ禍と中国の海洋進出で崩れる秩序 急速に高まる原油輸送の地政学リスク

2020.8.10 10:30 47NEWS 独立行政法人経済産業研究所上席研究員 藤和彦
サウジアラムコの石油タンク=2019年10月、サウジアラビア東部アブカイク(ロイター=共同)

サウジアラムコの石油タンク=2019年10月、サウジアラビア東部アブカイク(ロイター=共同)

 30年前の1990年8月2日は、湾岸危機(イラクがクウエートに侵攻し、併合した事件)が勃発した日である。当時の米国が世界に見せつけた軍事力や影響力は既に見る影もなく、中東地域の秩序の担い手が今、不在 ...

関連記事 一覧へ