メニュー 閉じる メニュー

海パン姿で原爆の日に長崎で遊んでいた私、今は… 被爆体験継承者として記者が「語り部」に

2020.8.9 7:00 47NEWS
自身の被爆体験を継承し、語り部となった記者(左)の講話に耳を傾ける深堀譲治さん=4月、長崎市の平和公園

自身の被爆体験を継承し、語り部となった記者(左)の講話に耳を傾ける深堀譲治さん=4月、長崎市の平和公園

 14年前の長崎原爆の日、現地にいたのに海パンをはいてビーチで遊んでいた私。その後記者になり、昨年からことしにかけ、被爆者に代わって体験を語る継承者を養成する長崎市の事業に参加した。家族4人を奪われ ...

関連記事 一覧へ