メニュー 閉じる メニュー

コロナ禍、労働者の街は 大阪・釜ケ崎を歩く 「今日をしのぐ方が大事」 感染リスク周知に支援者苦慮

2020.5.4 7:00 47NEWS
大阪市西成区のあいりん地区に張られた新型コロナウイルスとの闘いを訴える紙=4月16日

大阪市西成区のあいりん地区に張られた新型コロナウイルスとの闘いを訴える紙=4月16日

 日本最大級の日雇い労働者の街として知られる大阪市西成区のあいりん地区(通称・釜ケ崎)。通りを歩くと、雑多な荷物に囲まれて段ボールで寝る路上生活者や、炊き出しに並ぶ中高年男性の列が目に入る。日本列島を ...

関連記事 一覧へ