メニュー 閉じる メニュー
47リポーターズ

47リポーターズ

東日本大震災から9年 東北3県の新聞社が伝えた被災地のいま

2020.3.11 13:15 47NEWS
東日本大震災から9年、津波で大きな被害に遭った宮城県石巻市の旧大川小で手を合わせる人たち=11日午前6時20分
東日本大震災から9年、津波で大きな被害に遭った宮城県石巻市の旧大川小で手を合わせる人たち=11日午前6時20分

 

 東日本大震災の発生から11日で9年が経過した。22167人。津波や東京電力福島第1原発事故による犠牲者の数だ(行方不明者、震災関連死を含む)。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で追悼式が中止や規模縮小に追い込まれるなか、遺族たちはそれぞれの思いを胸に祈りをささげた。
 悲しみを抱えながらも復興に力強く歩む被災地の姿を、東北3県の新聞社が伝えている。その一部をまとめました。

 ▽岩手

・被災地を歩く2020【岩手日報】

・防災学習、鵜住居小6年生の成果展示 釜石・伝承施設【岩手日報】

・心つなぐ懸け橋に パラ五輪親善大使・稲垣吾郎さん【岩手日報】

・この海と生きていく 姉とおい亡くした漁師男性、命への思い歌に込め【河北新報】

・震災、台風、コロナ…災禍3度 再開延期に 鯨と海の科学館 岩手・山田【河北新報】

 

 ▽宮城

・変わる古里 変わらぬ思い 東日本大震災きょう9年【河北新報】

・被災3県知事に聞く 宮城・村井嘉浩氏 創造的復興 挑戦続く【河北新報】

・津波で唯一残った一本松 復興工事にも耐え 教訓発信へ遺構内に移植 山元・旧中浜小【河北新報】

・語り部広場 新たに 南三陸・祈念公園の入園区域拡大【河北新報】

・<震災9年ネット調査>暮らし向き改善傾向 復興実感「二極化」続く【河北新報】

 

 ▽福島

・富岡で一部先行解除 古里再生、桜に誓う【福島民報】

・富岡・桜並木...再生の息吹 震災9年、夜ノ森駅周辺の一部避難解除【福島民友新聞】

・富岡の復興拠点一部先行解除 古里復興へ動き本格化【福島民報】

・シャトルバス運行へ 7月までに双葉町 公共交通整備【福島民報】

・震災で全壊の本堂再建へ いわき・小名浜の地福院で地鎮祭【福島民友新聞】

・母の形見、朽ちる展示室 病床でも「資料守って」 帰れない浪江・津島【河北新報】