メニュー 閉じる メニュー
47リポーターズ

47リポーターズ

安楽死選んだパラ金メダリスト、見送った両親は今 相模原殺傷の植松聖被告が使う「安楽死」は誤り

2020.2.17 10:30 47NEWS ライター・ジャーナリスト 佐々木田鶴
記者会見で安楽死の手続きについて話した、陸上女子400メートルの銀メダリストのマリーケ・フェルフールト=リオデジャネイロ

記者会見で安楽死の手続きについて話した、陸上女子400メートルの銀メダリストのマリーケ・フェルフールト=リオデジャネイロ

 「今日、マリーケのアパートの鍵を返すから、最後にお別れに来てもいいよ」。1月31日、マリーケの父ヨスから筆者のもとへ突然連絡が入った。  車いすの元陸上選手マリーケ・フェルフールトさん(享年40歳) ...

関連記事 一覧へ