メニュー 閉じる

47NEWS

47リポーターズ

47リポーターズ

乗客には気づかれない謎のカーブ

2018.10.12 11:00 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
(上)カーブする線路の右上が高勝寺
(下)カヤの木の脇を疾走する京王相模原線

(上)カーブする線路の右上が高勝寺 (下)カヤの木の脇を疾走する京王相模原線

 東京郊外、多摩ニュータウン住民の足として建設された京王相模原線(調布―橋本22.6キロ)は、踏切や急なカーブ、勾配がなく乗り心地の良い高速鉄道だ。住宅地は高架、小高い丘はトンネルで抜け、10両(また ...

関連記事 一覧へ