メニュー 閉じる

47NEWS

47リポーターズ

47リポーターズ

平成の大合併 迷走した「モデルケース」 天草市 <平成くまもと>

2018.8.10 10:00 熊本日日新聞
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
合併協定書に調印後、握手を交わす天草2市8町の市町長ら。左から6人目が安田本渡市長、同5人目は潮谷知事=2005年1月、本渡市民センター

合併協定書に調印後、握手を交わす天草2市8町の市町長ら。左から6人目が安田本渡市長、同5人目は潮谷知事=2005年1月、本渡市民センター

 「平成の大合併」で、県内の市町村は94から45へ半分以下に減った。地方分権や国・地方自治体の財政危機を背景に、国は合併特例債など手厚い財政支援という“アメ”を用意。強力に推し進めた。市町村では、合併 ...

関連記事 一覧へ