メニュー 閉じる

47NEWS

地域

地域

47行政ジャーナル ふるさと発信

47行政ジャーナルには地域活性化の智恵とアイデアが満載。地域主権、財政改革、危機管理、電子自治体、地域力創造と自治体を取り巻く課題への対応を47行政ジャーナルがサポートします。

【岡山県総社市】A型事業所の閉鎖を受け緊急就職面接会と緊急意見交換会を開催

2018.4.27 10:00
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
 3月に、近隣市の民間企業が経営する障がい者就労継続支援A型事業所が閉鎖され、大量の解雇者が発生。同事業所で働いていた約25人の総社市民も解雇されました。全国的に相次ぐA型事業所の閉鎖は、国からの補助金(特定求職者雇用開発助成金とサービス給付費)の使途が厳格化されたことによるものといわれています。
 このことを受け4月11日、解雇された障がい者の速やかな再就職につなげようと、障がい者緊急就職面接会を総社市保健センターで開催。18事業所のブースに31人の参加者が訪れ、自分に合う就職先を探していました。
 また17日には、市内のA型事業所を対象にした緊急意見交換会を市役所で開催。市内の7事業所のうち、5事業所の代表者が出席し、補助金の在り方などについて議論しました。


 

最新記事

関連記事一覧