メニュー 閉じる メニュー

東京、石川で病床逼迫 使用率80%以上に

2020.5.11 1:19 共同通信

厚生労働省=東京都千代田区霞が関
厚生労働省=東京都千代田区霞が関

 厚生労働省は10日、新型コロナウイルス感染症の入院患者向けに、都道府県が1日時点で確保した医療機関のベッド数を公表した。東京、石川は80%以上が患者で埋まり、逼迫した状況となっている。北海道、群馬、富山、大阪、兵庫、福岡の6道府県も使用率が50%を超えており、余裕のない状況が続いている。

 安倍晋三首相は4月下旬の国会で、代表質問に対し「感染症指定医療機関の病床を最大限動員し、3万2千を超える病床を確保した」と答弁。しかし全都道府県が確保できたのは計約1万4千床で、半数以下にとどまることも判明した。各都道府県は感染拡大のピークに備え、計約3万1千床の確保を目指している。

 政府は新規感染者数や、重症者を受け入れる医療提供体制が整っているかどうかなどを踏まえ、14日をめどに都道府県に出されている緊急事態宣言を一部解除する検討に入った。

 厚労省は1日時点のベッド確保数と、4月28日時点の入院患者数を都道府県ごとにまとめた。ベッドの使用率が最も高いのは東京で約92%。2千床を確保したのに対し、入院患者は1832人だった。石川は170床に対し、患者は150人で、使用率は約88%だった。

 東京都は「入院患者数にはホテルや自宅での療養者が多く含まれている」と説明。一方、厚労省の担当者は「自宅療養などとは別に、入院患者の数として東京都から報告を受けた」としている。

 入院患者向けのベッドは主に中等症や重症者の受け入れを想定。政府は必要数を確保するため、高齢者や妊婦、糖尿病などの基礎疾患がある人を除き、軽症や症状がない人は自治体が用意したホテルや宿泊施設で療養するよう求めている。

 厚労省によると、宿泊施設については、全国で7日までに計約1万6千室を確保した。