×
メニュー 閉じる メニュー

4月の消費者心理、過去最低に リーマン時より悪化

2020.4.30 17:26 共同通信

内閣府
内閣府

 内閣府が30日発表した4月の消費動向調査によると、向こう半年間の消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整値)は前月比9.3ポイント下落の21.6となり、データが比較可能な2004年4月以降で過去最低となった。新型コロナウイルス拡大の影響で大幅な下落となり、リーマン・ショックの際に最も低かった09年1月(27.5)を下回った。

 基調判断は3カ月連続で下方修正し、前月の「悪化している」から「急速に悪化している」に引き下げた。内閣府によると、これまでで最も厳しい表現という。指数の下落幅も前月の7.4ポイントを超えて過去最大となり、政府の緊急事態宣言による外出自粛や企業活動の低迷が、消費者の心理に与えている影響が改めて浮き彫りになった。

 調査期間は4月7~20日で、消費者の購買意欲や収入に関する4項目の指標をまとめて算出した。このうち「雇用環境」の落ち込みが特に激しく、12.9ポイント下落の15.0だった。その他の「暮らし向き」や「収入の増え方」、「耐久消費財の買い時判断」も軒並み下落し、4項目全てが過去最低となった。2人以上世帯の有効回答数は全国の4771世帯だった。