メニュー 閉じる メニュー

『MISSING 失われているもの』村上龍著 迷宮を彷徨い、書くことの意味を問う

2020.5.1 7:07 共同通信記者 田村文

 最初の数ページだけ試し読みをしようとして、ずるりと体ごと持っていかれた。村上龍の5年ぶりの長編小説は、記憶と無意識と想像が織りなす迷宮をひたすら彷徨いながら、作家の原点にまでさかのぼり、小説を書く ...

田村文

名前 :田村文

肩書き:共同通信記者

プロフィール:たむら・あや 1965年埼玉県生まれ。共同通信記者。2012年から週1 回の連載「本の世界へようこそ」を執筆、配信。趣味は山登り、と言いたいところですが、最近はもっぱらトレッキング。

関連記事 一覧へ