×
メニュー 閉じる メニュー

病気の神よ、近づかないで アイヌ民族が祈りの儀式

2020.4.18 17:41 共同通信

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北海道弟子屈町のアイヌ民族の有志らが18日、病気の神が人間に近づかないよう祈りの儀式を行った。
民族衣装をまとった男女約40人が、病気の神「パヨカカムイ」に向けて思い思いの踊りを披露。音楽に合わせ、魔よけの効果があるとされるクマザサで宙を突いたり、両手で持ったアイヌ文様の布を上下左右に振ったりした。