メニュー 閉じる メニュー

刑務所、異例の受刑者マスク着用も 閉鎖空間で高リスク「感染者出ればまん延危機」

2020.4.10 10:49 京都新聞
飛沫感染防止のため、通気孔をテープで防いだ京都刑務所の面会室(京都市山科区・同刑務所)

飛沫感染防止のため、通気孔をテープで防いだ京都刑務所の面会室(京都市山科区・同刑務所)

 新型コロナウイルスの感染拡大に、刑務所が危機感を強めている。閉ざされた空間だけに、感染者が出ればまん延する恐れが高いためだ。京都刑務所(京都市山科区)では面会室の通気孔をふさぎ、施設の参観を中止する ...

関連記事 一覧へ