メニュー 閉じる メニュー

JAXA、目指すは「フォボス」 火星の衛星、無人探査機の計画

2020.2.19 0:13 共同通信
米国の火星探査機が2008年に撮影した衛星「フォボス」(NASA提供)

米国の火星探査機が2008年に撮影した衛星「フォボス」(NASA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が火星を回る二つの衛星のいずれかに無人探査機を着陸させ、岩石試料を持ち帰ることを目指す世界初の計画「MMX」で、目指す衛星を「フォボス」に決めたことが18日分かった ...

関連記事 一覧へ