メニュー 閉じる メニュー

ロシアの改憲論議、百家争鳴 採択急ぐ政権、遅れ懸念

2020.2.17 18:05 共同通信
13日、モスクワ郊外で開かれた憲法改正案を審議する作業部会で発言するプーチン・ロシア大統領(中央)(タス=共同)

13日、モスクワ郊外で開かれた憲法改正案を審議する作業部会で発言するプーチン・ロシア大統領(中央)(タス=共同)

 【モスクワ共同】プーチン・ロシア大統領が提案した憲法改正を巡り、核大国の地位明記や同性婚禁止の盛り込み、領土割譲禁止など、議論が多岐に及び百家争鳴の様相を呈している。改憲を急ぐ政権は、改憲案を3月 ...

関連記事 一覧へ