メニュー 閉じる メニュー

文化庁の移転先、発掘で戦国時代の「構」発見 大規模、緊迫の京都物語る

2020.2.15 18:40 京都新聞
戦国時代に築かれた堀跡。写真左奥に別の堀跡も見つかっている(13日、京都市上京区・京都府庁)

戦国時代に築かれた堀跡。写真左奥に別の堀跡も見つかっている(13日、京都市上京区・京都府庁)

 室町時代後期(戦国時代)に築かれた大規模な堀跡が、京都市上京区の京都府庁内の発掘調査で見つかったと、府埋蔵文化財調査研究センターが13日発表した。建物を守る防御施設「構(かまえ)」の一部とみられ、最 ...

関連記事 一覧へ