メニュー 閉じる メニュー

マザーズ先物概況: 大幅反発、米大統領演説受けて地政学リスク鎮静化

2020.1.9 16:07

*16:07JST マザーズ先物概況: 大幅反発、米大統領演説受けて地政学リスク鎮静化

9日のマザーズ先物は前日比20.0pt高の878.0ptと大幅に反発した。なお、高値880.0pt、安値は873.0pt、取引高は1302枚。本日のマザーズ先物は、米国とイランの両国間の対立激化懸念が緩和され、センチメントが改善するなか大幅に反発した。8日(米国時間)の演説で、トランプ大統領が「軍事力を行使したくはない」と述べたことで、米イラン問題が一段と深刻化するとの懸念が薄れた。これを受けてマザーズ先物はナイトセッションの間から大きく上昇していた。日中取引に入ってからも、日経平均株価が500円超上昇するなど、全面高商状となり、個人投資家心理が大幅に改善する中で、マザーズ先物は一段の上値を追う展開となった。こうした背景から、指数寄与度の高い時価総額上位銘柄も買われ、マザーズ先物の上昇に寄与した。売買代金上位では、指数インパクトの大きいそーせい<4565>やサンバイオ<4592>が上昇したほか、直近IPO銘柄への物色も盛んで、マクアケ<4479>やAIinside<4488>が2ケタ台の上昇をみせた。

《YN》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ