メニュー 閉じる メニュー

平安京の右京衰退、遷都間もなく進んだ痕跡か 貴族邸宅にあった池状遺構を発見

2019.11.27 20:39 京都新聞
平安前期の池状や溝の遺構が見つかった発掘現場。写真手前に池があり、奥で狭まって溝へとつながる(京都市中京区・花園大)

平安前期の池状や溝の遺構が見つかった発掘現場。写真手前に池があり、奥で狭まって溝へとつながる(京都市中京区・花園大)

 京都市中京区西ノ京の花園大敷地の発掘調査で、同大学は27日、平安時代前期の貴族邸宅にあった池状の遺構が見つかったと発表した。現場は平安京右京二条三坊九町に当たり、同大学は遷都から100年足らずの9世 ...

関連記事 一覧へ