メニュー 閉じる メニュー

訪問介護利用者の印鑑無断作製し不正受給、2600万円の返還求める

2019.10.30 22:00 京都新聞

 京都府八幡市と城陽市の各社会福祉協議会で居宅介護支援(ケアマネジメント)事業と訪問介護の利用者の印鑑を無断作製していた問題を調査した両市と京都府が30日、結果を発表した。八幡市は、介護報酬の不正受給 ...

関連記事 一覧へ