メニュー 閉じる メニュー

骨の健康保つ仕組み 日に10分の運動刺激を

2019.11.12 0:00
 歩いたり運動をしたりすることで、骨の健康が維持できることは誰もが知っているが、その仕組みは複雑だ。国立障害者リハビリテーションセンター、東京都健康長寿医療センターなどは、骨への衝撃を感知するタンパク質が、骨の増減を制御する細胞に働き掛ける仕組みを初めて解明し、米科学誌に発表した。
 研究チームは「今後、どんな運動をどのぐらい行えば健康寿命を延ばせる適度な運動になるかを調べる手掛かりになる。1日に10分程度の歩行や運動で骨を刺激すれば骨粗しょう症を防ぐなど健康維持に役立つ可能性がある」としている。
 
 

 


 研究では、既に見つかっていた「力を感じるタンパク質」が骨の維持にどう働くかをマウスの実験で調べた。すると、このタンパク質は、骨に衝撃が加わらないときは働かない一方で、衝撃を感じると、骨細胞の機能を調節し、骨を破壊していく作用を抑えることが分かった。
 この抑制には、体にただ負荷を与えるだけでなく、骨に衝撃が加わって骨の中の液体(間質液)が動き、細胞を物理的に刺激することが大切であることも明らかになった。
 実際にこのタンパク質が骨細胞で働かないマウスをつくって調べたところ、運動していないマウスと同じように骨量が減る現象が起きて、タンパク質の関与が確認されたという。
 この作用を応用すれば将来、障害などで運動できない人で、実際には運動せずに細胞に刺激だけを与えて骨の衰えを防ぐような「疑似運動療法」も開発できるかもしれないとしている。

 

※米科学誌はSCIENCE・ADVANCES9月25日号

最新記事