メニュー 閉じる メニュー

慶大は最下位扱い、1部下位BIG8に降格 部員の不祥事で関東学連が発表

2019.10.18 11:44 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
9月28日に行われた関東大学リーグ1部TOP8の明大―慶大=東京・駒沢第二球技場
9月28日に行われた関東大学リーグ1部TOP8の明大―慶大=東京・駒沢第二球技場

 

 関東学生アメリカンフットボール連盟は10月18日、複数の部員による不適切な行為で今季の関東大学リーグ1部TOP8のリーグ戦を棄権した慶大について、勝敗にかかわらず最下位扱いとする措置を決めたと発表した。

 関東学連は、17日に開いた理事会で慶大のチーム代表者から事情説明を受けた上で、今回の措置を決定した。

 

 1部上位8校で構成するTOP8に所属する慶大はここまで2勝1敗。残りは対戦相手の不戦勝となるため、最終成績は2勝5敗となる。この成績を下回るチームが出た場合でも、慶大が最下位となる。

 慶大が残した3試合の結果は棄権による影響は受けず個人記録も有効となるが、チーム記録は「参考」とする。

 TOP8の7、8位は1部下位BIG8の上位2チームとの入れ替え戦に回るが、慶大は出場せず自動降格する。

 BIG8の1位は慶大が自動降格するため、入れ替え戦(チャレンジマッチ)なしでTOP8に昇格する。

 

 昨年「危険な反則タックル問題」で公式戦への出場資格停止処分を受けた日大は今季、降格したBIG8でリーグ戦に復帰。第3節終了時点で、横浜国大とともに3戦全勝で首位に並んでいる。

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事