メニュー 閉じる メニュー

出雲市次期可燃ごみ処理施設 22年稼働目指し着工

2019.10.8 10:46 山陰中央新報

 島根県出雲市の次期可燃ごみ処理施設の建設工事が7日、同市古志町の採石場跡地で始まった。総事業費は約270億円で、1日当たり100トンの処理能力を備えた焼却炉を2基設け、2022年4月の稼働開始を目指

関連記事 一覧へ