メニュー 閉じる メニュー

「今朝治郎胡瓜」が最上伝承野菜に 推進協、新たに認定

2019.9.29 13:13 山形新聞
ずんぐりとした形が特徴の今朝治郎胡瓜(中央)。右は勘次郎胡瓜、左は一般的なキュウリ

ずんぐりとした形が特徴の今朝治郎胡瓜(中央)。右は勘次郎胡瓜、左は一般的なキュウリ

 最上伝承野菜推進協議会(会長・安孫子義浩県最上総合支庁産業経済部長)は今月、真室川町及位の農家が栽培している「今朝治郎(けさじろう)胡瓜(きゅうり)」を「最上伝承野菜」に認定した。円筒形で、果肉に水 ...

関連記事 一覧へ