メニュー 閉じる メニュー

(517)正面から見ると平べったい クビワペッカリー 

2019.9.14 8:00
なんでもよく食べるクビワペッカリー。動物園では果物、野菜、干し草などがご飯だ
なんでもよく食べるクビワペッカリー。動物園では果物、野菜、干し草などがご飯だ

 

 イノシシかブタのようなすがた形だ。黒っぽい毛に白がまじる。顔をよく見ると、目がつぶらでかわいい。
 神戸市の神戸どうぶつ王国「ロッキーバレー」にある「ビーバークリーク」には、ビーバーだけでなくクビワペッカリーという動物もいる。名前の通り、首のあたりが白っぽい輪のようになっている。
 「ちょっと見た感じはイノシシやブタに似ていますが、仲間ではなく別の生きものです」と担当の石坂未樹(みき)さん。「真正面から見ると、イノシシとは全然ちがうことが分かります。すごく平べったいんですよ」
 動きまわって正面を向いたときに見たら、たしかに平べったい。体の中身がどこに入っているのかと思うぐらいだ。
 北アメリカ南部から南アメリカにいて、むれでくらしているそうだ。
 体の毛はかたそう。触ったら、いたいですか? 「いたいまではいきませんが、気持ちいいという感じではないです」
 動物園ではすぐ寝てしまうので、えさをいろんな時間にやって、活発に動くようにしている。「何でも食べます。ご飯に対する反応の良さもおもしろいですよ」
 それでもねてしまうことがある。「熟睡している時、体をぴくぴくさせることがあります。夢を見ているのかな。かわいらしいですよ」(文・写真、佐々木央)

最新記事