メニュー 閉じる メニュー

前日に動いた銘柄 part2 島根銀行、技研ホールディングス、ラクオリア創薬など

2019.9.10 7:32

*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 島根銀行、技研ホールディングス、ラクオリア創薬など

銘柄名<コード>9日終値⇒前日比

KLab<3656> 1275 -72

先週末にかけて急騰の反動で戻り売り。

ダブル・スコープ<6619> 613 -19

買い戻し主導のリバウンドにも一巡感か。

島根銀行<7150> 713 +11

SBIHDとの資本業務提携発表も、先週末急伸の反動が強まる。

トヨタ紡織<3116> 1443 -19

詐欺被害により最大で40億円の被害の可能性を発表。

ワイヤレスゲート<9419> 704 -15

上値到達感からの手仕舞い売りが引き続き優勢に。

アルプスアルパイン<6770> 1906 -37

岡三証券では目標株価を引き下げ。

三菱UFJ<8306> 525 +5.2

全体地合いの改善を反映する動きに。

RVH<6786> 174 +11

特に新規の買い材料観測されず仕掛け的な動きにも。

アルチザ<6778> 1190 +82

足元の好決算を評価の動きが続く。

技研ホールディングス<1443> 258 +23

大型台風の上陸もあり災害対策関連として買われる。

インタートレード<3747> 840 +83

過熱感からの手仕舞い売りが殺到。

ウインテスト<6721> 183 -22

高値到達感から利食い売りが引き続き優勢に。

ロゼッタ<6182> 3405 +70

オリックスとの業務提携を発表。

ジーダット<3841> 1376 +300

群馬大学と共同研究契約を締結、AI技術によるカスタムLSI設計環境の構築へ。

スマレジ<4431> 2865 +85

20年4月期の上期および通期業績予想の上方修正発表を好感。

ツクルバ<2978> 2160 -80

19年7月期の営業利益の上方修正を発表、前回予想の0.05億円から0.19億円へ。

サンリン<7486> 824 +123

自社株買いの発表を材料視。

ラクオリア創薬<4579> 1005 -300

営業損益予想を赤字に下方修正。

また、ziprasidoneの国内第3臨床試験結果で失望感。

GNI<2160> 2036 +191

19年12月期予想の上方修正を発表、営業利益は7.57億円から11.68億円に引き上げ。

sMedio<3913> 943 +150

AI関連の一角として個人投資家の関心高まる。

データセクション<3905> 565 +22

AI関連の一角として個人投資家の関心高まる。

サマンサJP<7829> 308 -15

利食いの動きが続く。

《FA》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ