メニュー 閉じる メニュー

(512)スーミーの方が強かった スマトラオランウータン (上)

2019.9.5 10:54
うでぐみをするスマトラオランウータンのイーバン。「個性的(こせいてき)なイケメンです」と水品繁和さん
うでぐみをするスマトラオランウータンのイーバン。「個性的(こせいてき)なイケメンです」と水品繁和さん

 

 千葉県市川市動植物園に2頭のスマトラオランウータンが来たのは26年前。「男の子の名前はイーバン、女の子はスーミー。どちらも4歳でした」と担当の水品繁和(みずしなしげかず)さん。
 市川にはそれまでオランウータンはいなかったから、水品さんはあちこちの動物園をたずね、育て方を教えてもらった。
 ところがやって来た2頭はすぐ、けんかを始めた。当時はスーミーの方が大きくて、イーバンは一方的にやられた。
 1年後、イーバンの方が大きくなったのでまた一緒にしてみたけれど結果は同じ。次の年もそうだった。「イーバンはスーミーをこわがっていたんです」
 それで水品さんは2頭を分けて、とにかく「待つ」ことにした。
 それから8年、イーバンがスーミーにロングコールをした。オスにしかない「のど袋」を共鳴させて大声でほえる行動だ。もう体はスーミーの倍近い。水品さんは2頭を同居させることにした。
 やっぱりスーミーの方が強く、イーバンは反撃しない。でも前のように背中を見せてにげたりせず、がんばっていた。
 水品さんは思いきってスーミーを強くしかった。スーミーが頭をかかえて運動場でうずくまる。するとイーバンは心配して、スーミーの顔に触れそうなぐらい近づき、のぞきこんだ。この日から2頭の関係がだんだんと変わっていった。(文・写真、佐々木央)=2018年3月配信

最新記事