メニュー 閉じる メニュー

オンリー---急落、配当・株主優待権利落ちで手仕舞い売り優勢

2019.8.29 15:02

*15:02JST オンリー---急落、配当・株主優待権利落ちで手仕舞い売り優勢

オンリー<3376>は急落。8月末の配当・株主優待権利落ちとなり、手仕舞い売りの動きが先行している。同社は8月末一括配当銘柄で、35円の配当を計画している。前日終値ベースでの配当利回りは3.9%の水準である。加えて、株主優待として年1回、100株以上の株主には20%割引となる株主優待券2枚を贈呈している。同社のほか、サンヨーハウジング名古屋<8904>、SFPHD<3198>、ナガイレーベン<7447>、コジマ<7513>なども権利落ちの影響で下落率上位に。

《HH》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ