メニュー 閉じる メニュー

英ポンド週間見通し:伸び悩みか、政治不安の可能性残る

2019.8.17 14:37

*14:37JST 英ポンド週間見通し:伸び悩みか、政治不安の可能性残る

■反発、合意なきEU離脱への懸念和らぐ

先週のポンド・円は反発。欧州連合(EU)からの合意なき離脱回避のための挙国一致内閣の構想が浮上しており、リスク回避のポンド売りは縮小した。ユーロ買い・ポンド売りの取引が縮小したこともポンド・円相場に対する支援材料となった。取引レンジ:126円55銭−129円58銭。

■伸び悩みか、政治不安の可能性残る

今週のポンド・円は伸び悩みか。ジョンソン政権による合意なきEU離脱を阻止する動きが広がりつつあるが、国内政治不安の高まりを警戒してリスク選好的なポンド買いは縮小する可能性がある。米中貿易協議の先行きは不透明であり、リスク回避的な円買いも想定される。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント

・特になし

予想レンジ:127円50銭−130円50銭

《FA》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ