メニュー 閉じる メニュー

英ポンド週間見通し:下げ渋りか、雇用・インフレ指標を注視へ

2019.8.10 14:28

*14:28JST 英ポンド週間見通し:下げ渋りか、雇用・インフレ指標を注視へ

■軟調推移、合意なきEU離脱の可能性高まる

先週のポンド・円は軟調推移。ジョンソン英首相は、EUとの合意の有無にかかわらず10月末にEUから離脱する方針を堅持していることや、国内政治不安に対する市場の懸念は消えていないことから、リスク回避のポンド売りが広がった。ポンド・円は一時127円を下回る場面があった。取引レンジ:126円97銭−130円07銭。

■下げ渋りか、雇用・インフレ指標を注視へ

今週のポンド・円は下げ渋りか。英国の10月末の欧州連合(EU)離脱に向けた協議について双方が態度を硬化させており、合意なき離脱を警戒したポンド売りが続きそうだ。

ただし、英国の雇用やインフレの関連指標が市場予想を上回った場合、ポンド売りを抑制する要因となろう。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント

・13日:4-6月期ILO失業率(予想:3.8%)

・14日:7月消費者物価コア指数(前年比予想:+1.8%)

・15日:7月小売売上高(前月比予想:-0.3%)

予想レンジ:126円00銭−129円00銭

《FA》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ