メニュー 閉じる メニュー

1万歩以下でも死亡率低く 高齢女性で米研究

2019.7.9 0:00

 健康のためには1日1万歩は歩くのが望ましいとよく言われるが、高齢の女性では1日4400歩程度の歩数でも、死亡リスクの低下がみられたという研究結果を、米ハーバード大のチームが米医学誌に発表した。

 チームは2011年から、約1万7千人の米国女性(平均年齢72歳)に、歩数や歩く速度などを測定できる活動量計を連続7日間装着してもらって1日の平均歩数を算出した。その後、約4年間の追跡期間中に504人が死亡した。

 
 

 被験者を、平均歩数の多さによって四つのグループに分け、死亡リスクとの関係を調べたところ、歩数が最も少なかったグループ(平均約2700歩)に比べ、少ない方から2番目である平均約4400歩のグループの死亡リスクは41%少なかった。

 別の計算法でも分析した結果、死亡リスクは歩数が増えるほど小さくなっていき、約7500歩以上で最小となった。歩数が同じであれば、歩くのが速くても遅くても死亡リスクにはっきりした違いはなかった。

 1日の平均歩数は国によって違い、7千歩を超える日本に対し、米国は4千歩台だという。チームの研究者は「今回の結果がすべての国に当てはまるかどうかは不明だが、1万歩も歩くのはとても無理だと思っている人への励ましになれば」としている。

 チームによると、活動量計の目標値が1日1万歩に設定されていることは多いが、その理由は実はよく分かっていないという。論文は1960年代に日本で歩数計が「万歩計」として売り出されたのが始まりではないか、との説を紹介している。


 ※米医学誌は米医師会雑誌(JAMA)インターナルメディシン電子版5月29日付

最新記事