×
メニュー 閉じる メニュー

闘病体験 増える発信 知恵や課題 広く共有を

2019.6.18 11:34 中日新聞

自身が慢性骨髄性白血病と分かった、2001年ごろの子どもたちの写真を見せながら話す久田さん=名古屋市千種区で

 自らのがんを公表し、闘病体験を社会に向けて積極的に発信する患者が増えている。病気になっても自分らしく生きる姿や、治療、生活の中での経験を広く伝え、多くの人とがんに関する知恵や課題を共有することが、 ...