メニュー 閉じる メニュー

【3820】肥前蔵心 特別純米 おりがらみ 生(ひぜんくらごころ)【佐賀県】

2019.5.31 12:16
佐賀県鹿島市 矢野酒造
佐賀県鹿島市 矢野酒造

【F居酒屋にて 全11回の⑪完】

 飲み仲間4人で、F居酒屋に出掛けた。店主は以前、TT居酒屋の店長だったが、独立し新たにF居酒屋を開いた。店の面積はかなり狭くなったが、それでも店長からオーナーになったので、店主には、晴れがましさがうかがえる。店主がすこしまぶしく見える。おめでたいことだ。客としても、うれしい限りだ。これからも応援していこう、とおもう。

「灘菊 本醸造 無ろ過生酒」「YATAGARASU 純米吟醸 生酒 吟のさと」「大入ひっぱりだこ 純米吟醸 無濾過生」「萬歳楽 劔 山廃純米 生原酒」「雨後の月 元平 純米大吟醸 旧赤坂町産赤磐雄町 しぼりたて生酒 940/960/961」「七水 プレミアム純米 直汲み」「笑四季 ワールドピース 2018-19 生酒」「射美 特別純米 15 槽場無濾過生原酒」「望 特別純米 無濾過 美山錦 火入れ」「儀兵衛 純米吟醸 雄町 中取り 雫酒」と飲み進め、最後11番目にいただいたのは「肥前蔵心 特別純米 おりがらみ 生」だった。

 矢野酒造のお酒はこれまで、当連載で「竹の園」3種類、「肥前蔵心」1種類を取り上げている。今回のお酒はどうか。いただいてみる。

 酒蛙「苦みがくるね。香りは抑え気味」
 K、W「苦いっ!」
 酒蛙「苦みのほか、力強い酸が立つ。“苦酸”の酒って、珍しい。苦みは辛みを伴う。おりがらみ的な甘旨みはやや少ない。酸がさわやか感を演出している」

 瓶の裏ラベルの表示は「原材料 米(国産)米麹(国産米)、原料米 雄山錦100%使用、精米歩合60%、アルコール分17度、日本酒度+4、製造年月 平成30年12月」。

「雄山錦」(おやまにしき)は富山県農業技術センター農業試験場が1986年、母「ひだほまれ」と父「秋田酒33号」を交配、選抜と育成を繰り返しながら品種を固定、1999年に命名、2001年に種苗法登録された酒造好適米。

関連記事 一覧へ