がん免疫療法の耐性解明 治療変更で効果も

2019年05月21日
共同通信共同通信

 体内の異物を排除する免疫の力を利用し、がんを攻撃する新たな薬「免疫チェックポイント阻害薬」に、一度表れた効果が途中でなくなる「耐性」という現象が報告され始めた。

 がん研究会がん化学療法センター(東京)の片山量平部長らがこの耐性の仕組みの一部を解明し、薬を変えれば再び治療が続けられる可能性を示した。

 免疫細胞は、体内でがんが発生すると異物として攻撃する。だが、がん細胞の中には「PDL1」というタンパク質の働きで免疫細胞の攻撃にブレーキをかけてしまうものがあり、がんの増殖につながっている。今回研究対象にした薬はPDL1に結合して攻撃が止まらないようにするもので、皮膚や肺のがんの治療に使われている。

 片山さんらは今回、薬が効かなくなった17人の遺伝子を解析し、4人(24%)でPDL1ががん細胞の外に分泌される変化が起きたことを発見した。がんを移植したマウスで実験すると、たった1%のがん細胞に変化が起きただけで薬が効かなくなることも分かった。

 薬を投与しても細胞外に分泌されたPDL1に結合してしまい、本来の目的であるがん細胞にたどり着けなくなった可能性がある。

 
 

 それなら、PDL1とは別のタンパク質を標的にした免疫チェックポイント阻害薬に切り替えれば、がんへの攻撃が再開できるはずだ。マウスの実験では、耐性になったがんを、別の薬を使うことで小さくすることに成功した。

 耐性の仕組みは他にも数多くあるとみられる。片山さんは「患者さんから提供された組織を活用し、耐性を確実に克服する手段を研究していきたい」と話している。

(共同通信 井口雄一郎)

新聞社の注目記事

コロナ急性期にあの漢方薬が有効 東北大医のチームが突き止める
12月02日
河北新報河北新報
【サッカーW杯速報】ドーハの歓喜再び 日本がスペインに勝ち決勝トーナメント進出
12月02日
山陰中央新報山陰中央新報
杉田水脈総務政務官、今度はアイヌ民族や在日コリアンへの侮辱で批判殺到 それでも更迭しない岸田首相
12月02日
東京新聞東京新聞
園長 土下座で告発止める 保育士、4歳児にもカッター 裾野
12月02日
静岡新聞静岡新聞
【速報】ECMO(エクモ)納入で便宜、100万円受け取る 収賄容疑で技士長の男を逮捕 東千葉メディカルセンター 千葉県警
12月01日
千葉日報千葉日報
牛に襲われる? 農研機構職員死亡 茨城・つくば 全身に擦り傷 そばに体重750キロのオス
12月01日
茨城新聞茨城新聞
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞