×
メニュー 閉じる メニュー

白血病は「治り得る」 五日市記念病院の許副院長に聞く

2019.3.5 12:20 中国新聞

「白血病になっても諦めず、希望を持ってほしい」と語る許医師(撮影・田中慎二)

 ▽遺伝子対応の新薬続々/独自の治療法 効果高く  競泳女子の池江璃花子選手(18)が発症を公表し、白血病への関心が高まっている。近年は新薬の登場や治療の進歩で「治り得る病気」になってきた。独自の治療 ...