メニュー 閉じる

奈良時代の長岡京跡から貴族邸宅 寝殿造りに似た配置

2019.3.1 5:00 共同通信
長岡京跡で見つかった掘っ立て柱建物跡=京都市(京都平安文化財提供)

長岡京跡で見つかった掘っ立て柱建物跡=京都市(京都平安文化財提供)

 桓武天皇が造営した奈良時代末の都・長岡京(784~794年、京都市伏見区など)跡から、3棟の掘っ立て柱建物跡が見つかり、発掘会社京都平安文化財が28日に発表した。  奈良時代は正殿が最北にあり、そ ...

関連記事 一覧へ