メニュー 閉じる

徳島道死傷事故1年半 運送業界危険解消遠く 人手不足・進む高齢化

2019.2.26 11:00 徳島新聞
事故を起こしたトラック運転手が休憩することになっていた淡路島南パーキングエリア。運転手は運行計画に反して休憩を取らなかった=兵庫県南あわじ市

事故を起こしたトラック運転手が休憩することになっていた淡路島南パーキングエリア。運転手は運行計画に反して休憩を取らなかった=兵庫県南あわじ市

 2017年8月、徳島県鳴門市大津町の徳島自動車道で、マイクロバスに居眠り運転の大型トラックが追突し、16人が死傷した事故から25日で1年半。国土交通省が委託した「事業用自動車事故調査委員会」の報告書 ...

関連記事 一覧へ