メニュー 閉じる

大草履で災いさらば! 久万高原「鬼の金剛」  児童が住民から伝統行事学ぶ

2019.2.21 13:37 愛媛新聞
住民(右)と協力してわらの草履を編む児童

住民(右)と協力してわらの草履を編む児童

 魔よけのために大きな草履をつるす伝統行事「鬼の金剛」が20日、愛媛県久万高原町父野川地区であった。同町露峰の父二峰小学校の3~6年生11人が住民13人と一緒に大草履を編み、伝統行事を学んだ。

関連記事 一覧へ