メニュー 閉じる

安来産イチゴふんだんに 「いちご弁当」考案 香りや甘酸っぱさ堪能

2019.2.19 18:48 山陰中央新報

 島根県内一の生産量を誇る安来市産イチゴをPRしようと、同市南十神町の和食料理店「定九郎(さだくろう)」が、果実をふんだんに使った持ち帰り用「いちご弁当」を考案し、販売を始めた。主力品種「紅ほっぺ」の

関連記事 一覧へ