メニュー 閉じる メニュー

旧家に春の装い、ひな飾り彩る 滋賀・近江八幡で展示

2019.2.12 14:16 京都新聞
江戸期に作られた享保雛を眺める来場者(滋賀県近江八幡市新町2丁目・旧西川家住宅)

江戸期に作られた享保雛を眺める来場者(滋賀県近江八幡市新町2丁目・旧西川家住宅)

 江戸期から昭和期のひな飾りを展示する「町なみに装うひいなのほほえみ」が、滋賀県近江八幡市の旧市街地一帯で始まった。きらびやかな段飾りや享保雛(きょうほびな)などが並び、一足早く春の雰囲気を演出してい ...

関連記事 一覧へ