メニュー 閉じる メニュー

落ちなかった橋、お守りに

2019.1.16 10:49 共同通信

 高知県西部の四万十川に架かる観光名所「岩間沈下橋」の路面が老朽化で折れ曲がりながらも「落ちなかった」ことにあやかり、路面の一部を活用した合格祈願のお守りを同県四万十市が製作した。1個500円で、千個限定販売。

 岩間沈下橋は2017年11月、金属製の橋脚1本が腐食して沈み、路面がV字に折れ曲がった。損壊部分は昨年春に撤去されたが、路面のコンクリート片をアクリル樹脂の中に閉じ込め、キーホルダーにした。

 問い合わせは四万十市の道の駅「よって西土佐」、電話0880(52)1398。

最新記事