メニュー 閉じる

明や清の陶磁器が多数出土 富山城下町遺跡

2019.1.7 5:00 北日本新聞

 富山市の富山城下町遺跡から、中国の明や清の時代に作られた陶磁器約50点が見つかった。2006、08年の調査後、収蔵庫に眠っているのを、同市埋蔵文化財センターが東洋陶磁学会との共同調査で発見した。地方 ...

関連記事 一覧へ