大人の散歩

2014年11月18日
共同通信共同通信

▽大人の散歩

 11月、千葉県にある天台宗の古刹、大悲山「笠森寺」にお参りに行った。県のほぼ中央、JR茂原駅から路線バスにゆられて半時間。国内唯一の「四方懸造り」の観音堂がある。切り立った岩盤の上にそびえるお堂は、幾本もの長い柱で支えられていて、なかなかの奇勝だ。

 回廊から眺めると、温暖な房総らしく、山並みには赤や黄色が混じり始めたばかり。うま年で開帳された本尊の十一面観音は、最澄が刻んだと伝わる。ありがたく、柔和なお顔を拝ませてもらった。

 笠森寺は「坂東三十三観音」31番目の札所で、鎌倉時代から続く巡礼地。中高年を連想させる巡礼も昨今では、仏教ブームに加え、名物や温泉といった周辺観光が味わえるとあって、若い女性らが人気を後押ししている。

 四国遍路、西国三十三観音、それに熊野詣でが有名だが、全国には神様や仏様を巡る道はいくつもある。記者が数年前に出合った「江戸三十三観音」は、東京23区内の観音様を巡拝する。

 番外を含め34カ寺。1日に何キロも歩き続けるような苦行とは違い、地下鉄やバスなど公共交通機関が使える。仕事ついでに立ち寄ったり、休みの日に自転車を活用したりもした。

 巡礼には欠かせない「御朱印帳」。一つまた一つと、お参りした〝証し〟が帳面を埋めていくと、いやが上にもやる気が出てくる。個性豊かな印や墨書きされた梵字。スタンプラリー的な楽しみ方をする人も多い。

 回る順番は自由。全てを参拝し終えれば、祈った願いがかなう「結願」となる。江戸三十三観音では33番札所の目黒不動尊(目黒区)で終了すると、結願の印がもらえて、達成感もひとしおだ。

 現在は、坂東三十三観音を巡っている。こちらは関東の1都6県に散らばる上、不便な山あいにもあり、少し手ごわい。もうすぐ2年。バスツアーや車を使わずに回っていることもあり、まだ道半ば。今年は「午歳結縁」と、観音巡礼にとって特別な年だったのだが…。来年に持ち越しは言うまでもない。

 街歩きの延長という軽い気分で始めた巡礼は、「般若心経」「写経」「座禅」と、興味の方向が次第に抹香臭くなってきている。知り合った人形町の住職に言わせるとこうだ。「若い子ならちょっと心配だけど、あなたはもう、そういう年齢なんですよ」

 山門をくぐり、境内へ。水屋で手と口を清め、本尊に手を合わせる。ただこれだけで、しばしの間、心が軽くなり、穏やかな気持ちになれる。出合いや発見も新鮮な〝大人の散歩〟。かなりお薦めだ。

 合掌。

(2014年11月18日 47NEWS 三枝正道)

新聞社の注目記事

急病の男児を乗せた救急車の搬送妨害疑い 「近所迷惑やろ」窓ガラスたたくなどした会社役員逮捕 芦屋
02月02日
神戸新聞神戸新聞
水戸にスーパー「かわねや」初オープンへ 茨城県公館跡 常洋水産が9億円で落札
02月02日
茨城新聞茨城新聞
福島県南相馬市産の配膳ロボが稼働 市内のとんかつ店で人手不足解消
02月01日
福島民報福島民報
「私はもうパスですから」 菅義偉氏が首相再登板を否定 岸田首相の増税表明には「ちょっと荒っぽかった」
02月02日
神奈川新聞神奈川新聞
女子中高生ら参加の集団性交事件、客の高校教諭を女子高生買春容疑で逮捕
01月31日
京都新聞京都新聞
今治沖で貨物船同士が衝突 1隻沈没 2人不明 今治海保
02月02日
愛媛新聞愛媛新聞
  • 47NEWS公式Twitter
  • 2023年度 大学入学共通テスト
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 47NEWS公式Twitter
  • 2023年度 大学入学共通テスト