×
メニュー 閉じる メニュー

【1581】人気一 地球侵略 ウルトラマン基金 純米大吟醸(にんきいち)【福島】

2014.5.16 18:21
福島県二本松市 人気酒造
福島県二本松市 人気酒造

【Hスナックにて 全3回の③完】

 Hスナックが店を移転することになった。キャパが40人くらいの広いスナック。社用の二次会で利用する会社が多く、ある意味、夜の社交場的な存在だった。が、ママが「年齢のこともあり、別な場所で小じんまりとやりたい」と、移転することになった。この日は最後の営業日、ということで、常連客が集まった。

 アルコールは、ビール、焼酎、ワイン、ウイスキー、酒…となんでもあり。当然、わたくしは酒。飲んだことがなかった「神の座 吟醸」「陸奥八仙 特別純米」を飲む。何がなんだか分からないほどの混みよう。その喧騒の中でわたくしは「人気一 地球侵略 ウルトラマン基金 純米大吟醸」を見つけた。「星人」に酒造作業をさせている写真をあしらった箱とラベル。仰天の意匠。興味津々でいただいてみる。冷やしていなかったので室温で。

 まろやか、ふくよか、おだやか、やわらかい。甘みと旨みがたっぷり。酸が適度にあり、全体のアクセントになっている。香りは華やかで芳醇。味の要素の中で、甘みが優先している。全体的に味わい深いお酒だった。

 箱と瓶の裏ラベルに「日本酒地球侵略」と題し、この酒のコンセプトを以下のように掲載している。

「ウルトラマンの生みの親円谷英二氏の故郷から程近い、福島県二本松市の酒蔵『人気酒造』に突如宇宙人たちが現れた。その卓越した能力を惜しみなく酒造りに注ぎ込み、宇宙のどこでも味わえない境地の酒を造る為に…。

 悪質宇宙人メフィラス星人は微妙な蒸し具合が職人技の釜場担当、蔵人の伝統製法を研究しつくした分身宇宙人ガッツ星人は要となる麹担当、仕込みは幻覚宇宙人メトロン星人の担当だ。

 手づくりにこだわる蔵で産まれた酒は香り高く、しっかりとした味わいの“純米大吟醸”冷やしてグラスで飲むことにより、そのうまみは倍増する。

 しかも東北の人たちの頑張りを目の当たりにした彼らは、この酒の売上の一部を『ウルトラマン基金』を通じて、被災地の子供達に夢を届ける手助けにするのだという。地球ではこの宇宙人たちの行動を賞賛する人間が増加、かなりの『侵略』が浸透してしまっているようだ。

 あなたも心地よい侵略にその身をゆだねながら、“ウルトラマンの助けを待った”あのころに戻ろうではないか…」

 また、蔵のホームページは、上記コンセプトに、以下の補足をしている。

「穏やかな吟醸香、軽快な中に手造りらしい芳醇さを感じる、純米ならではの幅のある味わいの純米吟醸酒です。 種別(大吟醸、純米吟醸、等の)や造りの違い一辺倒の日本酒の差別化ではなく、40~50代の大人をターゲットにしたキャラクター商品は、今までの日本酒には無かった企画です。今年、円谷プロが震災復興として始めたウルトラマン基金の商品化で売上げの一部が円谷プロを通じて基金に贈られます。企画の面白さでお客様に興味を持って頂けますよう、有名な宇宙人を蔵人に使い、夢のあるパッケージを作成しました。この商品をきっかけに日本酒を知っていただける可能性も高いため、中身のお酒は人気酒造の手造りの定番『純米吟醸』で、日本酒ビギナーから通のファンまで満足できるクオリティの酒質を選びました」

 ラベルの表示は「原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)、精米歩合50%」にとどまり、使用米の品種が非開示なのは残念。