×
メニュー 閉じる メニュー

古民家で自然なお産を 鳥取・智頭に産院開設へ奮闘

2018.11.19 11:00 山陰中央新報
森の産院開設を目指し、今後の活動を話し合う女性と子どものサポートセンター「いのちね」の岡野真規代さん(左)と三輪よし子さん=鳥取県智頭町智頭、智頭病院

森の産院開設を目指し、今後の活動を話し合う女性と子どものサポートセンター「いのちね」の岡野真規代さん(左)と三輪よし子さん=鳥取県智頭町智頭、智頭病院

 園舎を持たない「森のようちえん」で注目され、移住者が相次ぐ鳥取県智頭町で、札幌市からIターンした助産師の女性が「森の産院」開設を目指し、奮闘している。目標は畳の上での昔ながらのお産ができる施設の開設 ...

関連記事 一覧へ