メニュー 閉じる メニュー

「村上春樹を読む」(85)暴力と戦争の問題を考え続ける 『海辺のカフカ』のナカタさんと佐伯さん

2018.11.1 17:20 小山鉄郎
『海辺のカフカ』(新潮文庫)

『海辺のカフカ』(新潮文庫)

 「もし思い違いでなければ、たぶん私は、あなたがいらっしゃるのを待っていたのだと思います」「はい。たぶんそうであろうとナカタも考えます」  村上春樹『海辺のカフカ』(2002年)の中に、佐伯さんとい ...

関連記事 一覧へ