メニュー 閉じる

対馬「混乗」便1ヵ月 搭乗率6割 目標届かず 博多発の誘客課題 不定期運航も一因

2018.8.24 0:00 長崎新聞
比田勝港の岸壁に停泊中のジェットフォイル「ビートル」=対馬市上対馬町

比田勝港の岸壁に停泊中のジェットフォイル「ビートル」=対馬市上対馬町

 国際線の旅客船に国内線の客も相乗りする国内初の「混乗」が、長崎県対馬市北部の比田勝港(同市上対馬町)と博多港(福岡市博多区)間で始まって23日で1カ月。JR九州高速船のジェットフォイル「ビートル」が ...

関連記事 一覧へ